男性

レッツ!セブ留学|英語習得を左右する学校選び

多国籍な学校を選ぶ利点

女性

欧米では大人数でのグループレッスンが主流です。わからないところがあっても、手を上げて質問しなければいけませんし、自分のせいで授業の流れを止めてしまいます。そのためグループレッスンは気を使いやすい日本人には向いていないといえるでしょう。しかし、セブ島留学ではマンツーマンの授業があります。フィリピンは物価が安いため、賃金も安くマンツーマンで授業を行なうことができます。マンツーマンならわからないところがあれば先生に質問することもできますし、周りを気にせずに自分のペースで勉強できるため個人レッスンはとても魅力的です。

セブ島にある語学学校は多く、どんな学校を選ぶかがとても重要になってきます。学校選びの基準もいろいろありますが、学生の国籍の比率は重要な要素でしょう。セブ島には多くの日本人が留学していますが、同じように多いのが韓国人です。実際、日本人経営の学校や韓国人が経営している学校も多くあります。慣れない外国での生活は不安も多くできることなら、同じ日本人が多い学校を選んだほうが友達にもなりやすく居心地もいいでしょう。しかし、留学の本来の目的は英語の習得です。日本人ばかりの学校に行ったら授業以外では日本語になってしまいます。それよりも、韓国や多国籍な生徒がいる学校を選んだほうが英語の習得には効果的です。不便な点もあるでしょうが、そのほうが留学しているという実感も湧いてくるでしょう。セブ島では街に出れば多くの日本人もいますし、学校以外でも友達になることは可能ですので安心してください。